日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

タグ:時間 ( 2 ) タグの人気記事

懐かしくも口福

f0208355_1353152.jpg



日ごと陽が落ちてゆく時間が早くなってきて
「暑いとはいえ、もう秋なんだよね・・・」
と仕事をしながら思う。

2日連続の仕事が終わった帰り道
懐かしい味を求めてそのお店に向かった。

富士山を目の前にして昼間は食事のできる
絶景のロケーションにあるそのお店のシェフは
去年、転勤で小石川から御殿場に移ってしまった。

好奇心旺盛で誰よりも研究熱心。
まっとうでバカ正直(スミマセン)
そんな彼の一生懸命さと丁寧さが伝わる食事だった。

f0208355_13584834.jpg



口にしてしまってから「しまった!写真撮るの忘れた!」
と思うものばかりだったが、この日は

・ アミューズ 水牛のモッツアレラチーズとパプリカの冷製
・ 前菜    馬肉のタルタル
・ パスタ   ほうれんそうとチーズのラビオリ
・ パスタ   カラスミとキャベツのスパゲッティーニ
・ メイン   ラム肉のロースト
・ エスプレッソダブルとデザート

といったお皿たち・・・

f0208355_1424670.jpg


f0208355_143310.jpg


小石川のお店は小さかったので”トラットリア”だったが、
今度は7,000坪の敷地内にある”リストランテ”となったから
立ち上げからを会社から彼の双肩に任されたのだから
相当なプレッシャーだったと思う。

美味しいお店や料理は星の数ほどある。

でも、作り手の心がこもっているお店は
一体いくつあるのだろうか?

「この人にはこの料理を作ったら喜んで下さるだろうな・・・」
「こんな盛りつけにしたらどうだろう?」

最初は誰しも考えながら調理をしていたはずだ。
でも、いつの間にかその気持ちは
本人でも気がつかないうちに薄れてしまう場合も
残念ながらあるのが現状。

1年ぶりに過ごした口福な時間は
懐かしくて何とも言えなく胸がキュンとなる味で
「また自分のお店に戻ったら、私もがんばろう・・・」
と強く思える味だった。
[PR]
by mignon0701 | 2011-09-20 14:10

気付かなかった美しさ

f0208355_8243279.jpg




昨晩、自宅に戻ってからゴミを捨てに行こうと
再度玄関を出たら、我が家のすぐ近くの塀で
蝉が生まれた瞬間を目の当たりにした。

翡翠色に輝く美しい羽根。
オニキスのようにきらめく瞳・・・

思わず見入ってしまった。

こんな瞬間なんてめったに見れることではないだろう。
蝉は約8年もの間、土中深く、深く蹲っていて
やがてこうして外に出てきても
1週間という儚い命。

種類は違うが、かのガレもあの蜻蛉を見て
その羽根の美しさに魅入られたから
あんなに美しく昆虫を表現できたのだろうか?

日々の暮らしがが以前よりも少しだけ
ゆっくり過ごせるようになったからだろうか、
庭の草木の成長を眺めて
これからの庭を想像したり、
自転車やお散歩で外に出てみれば
見上げた空の美しさに感動したり、
自然とも接する機会が増えたような気がする。

誰しも殺伐とした時間を過ごしていれば
廻りを見る余裕もなければ
心もどんどん枯れていってしまう。

それまで枯れかかっていた私の心は
それまで時間や日々に追われるように
過ごしていた頃を取り戻すかのように
気付くことのなかった美しさに
視点が動いていってるのかもしれない。
[PR]
by mignon0701 | 2011-08-24 08:40