日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

2011年 09月 16日 ( 1 )

最初はそんなにかわいいとは思わなかった

f0208355_14375924.jpg



実家にいるパピヨン。
彼女で5代目・・・
母は最初にパピヨンを飼ってからそのコが
3匹子供を産み(残念ながら1匹はかなり短命だった)
それぞれ天国へと旅立ってから、しばしペットロスト症候群にかかり、
再び同じ犬種を飼うようになった。

彼女が実家に来た時はあかちゃんだったからか
ただ”やたらとうるさい犬”的な存在でしか
私の中ではなかった。

でも、あるとき、彼女が実は賢くって
こんなに”私はあなたのことあまり好きじゃないの”オーラを
私が放っていても、従順に、そして私が実家へ訪れたときには
空気を読み取るようになっていたのに
正直、驚いた。

すると次の瞬間「ごめんね、いままで・・・」という感情と
「かわいい・・・」という感情が同時に起こった。

f0208355_1444291.jpg



他のパピヨンよりもかなりおデブだとは思うが
その運動量たるや!!!

朝の母とのお散歩は近くの上野公園だったり、
東京大学構内だったりするのだが、
ほぼ毎日、2時間はサクサク歩くらしい。

ときどきお散歩を共にするが
「〇〇へ今日は行ってみない?」と言ってみると
その場所へ必ず行く。

母とだけの時はなるべく階段のとこは昇らないようにしたり、
「休んで!」と言うかの如く
ベンチに自ら座って母に休憩を促す、と言う。

最初は「犬バカなんだろうな・・・」と話し半分に聞いていたが
実際に一緒に行ってみると、そうだった。

犬は家族を自らランク付けするというが
彼女の中で一番の存在に気遣うのには
いささか見習わなければ、とすら感じた。

現在5歳。
その前のコは16年生きたから
どうか、どうか長生きしてそのコロンコロンした
愛くるしい姿をいつまでも楽しませて欲しいと願うのだ。
[PR]
by mignon0701 | 2011-09-16 14:50