日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

自分の”内側”に取り込むもの

f0208355_1423351.jpg





食いしん坊の友達が多いからか
色々な産地の食材を手にし、
そして口にする機会が多い。

できるだけ農薬を使わずスクスクと育った野菜

化学飼料を口にはせず、
放し飼いにされ引き締まった筋肉を持った肉

季節を香りや口、そして目でも楽しめるお菓子

古代からある様々なスパイスや調味料など・・・

また1日のさまざまな汚れを浄化してくれる石鹸や
心地よい眠りへと誘ってくれる
エッセンシャルオイルの入ったキャンドルや
ハーブスプレー。

また良質の文章を読んだり、DVD,ブルーレイなどで映画を見る・・・

全ては明日の自分自身を作ってくれるモノたち。

たとえどんな状況にあったとしても
平等に24時間という時は流れ、
朝陽の眩しさに目覚め、
星や月が輝いてくれば
静寂の中で今日も目を閉じる。

1枚のお皿の上に
どんなものを乗せて、どのように食するかは
自分の意思が決めるもの。

そして食する場や、その時間を共にする人たち
胃袋が満たされた後の時間をどう過ごすのかも
同じく自分自身が決めること。

年齢を重ねていけば、誰しも
大なり小なり、様々な経験を積んでいく。

経験を積んで、たくさんの失敗を重ねて
”学習”していけば
日常の暮らしの中での必要なものを選ぶ目は
それらを積み重ねた分だけ
自分の中で必要なものとそうでないものとが
選別されていく。

1日の暮らしの中で
私たちは始終、たくさんの選択を余儀なくされている。

「今日はどんな服を着ようか?靴はどうする?」
「冷蔵庫にどんな食材があったっけ?」
「〇〇さんへのお返事をメイルにしようか?
 それともたまには手紙を出してみようか?」
「おやつは和菓子にしようか?それともチョコレート?」

様々な”選択”も全て自分の内側をデザインするもの。
そう思ったら何を取り込んでいったら
自分自身が幸せな気持ちになれるか、
ほんの少しでもものの見方や考え方が変わっていきそうな気がする。
[PR]
by mignon0701 | 2014-05-28 16:25