日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

反面教師

f0208355_12242418.jpg



今年の春、親しくお付き合いさせて頂いている
ある作り手の方が、ご自分の命と同じように大切な
作品を生み出す”手”を怪我されてしまった。

最初は落ち込んだ様子で、かなり心配していたのだが
主治医の先生のおっしゃる通り、彼は3か月で完治。

まだ痛みこそ残ってはいるものの
製作活動に励んでいらっしゃる。

先日、その方の作品展でご一緒させて頂いたのだが
彼の周りの人たち、そして彼のアトリエのある近辺の
同じく作り手の人たちは、本当に心があったかい人たちが、多い。

100年以上前の古民家にお子さんとワンちゃんと住みながら
日々、靴を作り続けている友達。
彼女のPowerと笑顔にはいつも元気づけられる。

作品展の会場となったギャラリーを営む友達は
たくさんの”引出し”を持っていて
素晴らしいセンスも兼ね備えている。

少し離れた場所には
古いものに息吹きを与え、
多少不便に感じがちな場所にFACTORYを構える友達は
人とひととの”縁”を大切にする
アツいビジョンの持ち主。

夫婦でシフォンケーキを作りながらご主人がリヤカーで
販売している人たちがいるかと思えば

ご主人が作品を作り、奥さまが絵付けをしている
陶芸のカップルは、ふたりの愛情をたくさん注がれた
可愛らしい女の子の成長が楽しみ。

・・・人生は反面教師なんだって
彼らに会うたびに強く思う。

あたたかな心と笑顔、そしてビジョンがあれば
いいものがその人たちの”手”から生まれる。

そしてこの人たちは決して
「自分だけがアタマひとつ出てやろう!」などという野心は
見当たらず、むしろ人と人との出会いや
何かの”縁”を大切にしている。

だから”いい連鎖”が生まれるのかもしれない。

なかなか互いの仕事で会える機会こそ少ないが
それでも彼らの存在があるからこそ、
そして彼らの教えてくれる
声なきメッセージに耳を傾けながら
私もパンを焼き続けるのかもしれない。
[PR]
by mignon0701 | 2013-08-06 14:00