日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

妄想の愉しみ

f0208355_1530883.jpg



今、”密かに”計画していることが
実はいくつか、ある。

本来ならどんどん、ガンガン進めていきたいところだが
世の中には”タイミング”というものが存在しているので
今、その”タイミング”を見計らいながら
しかも”妄想”しながら
その来るべき時期を待っている。

そしてそれがいい方向へいってくれることを
信じながら・・・

しかし”タイミング”というのは
本当にコワいもので
”チャンス”と同じように
ある日、突然にやってくる。

しかもほとんどの場合が”予兆”などは
自分自身では判断すらつかない場合が多いような気がする。
(私が鈍感なだけだからだろうか?)

だからこそ
その”タイミング”を見計らいながら
妄想している時間自体が楽しく感じるのかもしれない。

さて、いつ”実行”に移そうか・・・
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-31 15:46

"のーんびり”することをあえて”目標”にして

f0208355_16585012.jpg



いままで突っ走ってきたからだろうか?
ここのところ、急に立ち止まって見たい衝動に駆られている。

今年は移転して最初の年。
まだまだ見えないことはたくさんある。

それなのに、藪から棒にただ、ただ走ったとしても
何もその先には見えない。

まずはもう少し、
もう少しだけ自分を解放してラクにさせてあげようかと
思っている。

それまでは「そんなに長い年数仕事ができるわけじゃ
ないんだから、頑張らないと!」と思っていたが
それはそれでアリなのかもしれないが

立ち止まって、休んでみて
自分の足元を見たり、
自分の立ち位置がここでいいのかどうか?
そんな確認もしてみたくなった。

だからここであえて
のーんびりすることを自分自身の目標にしようか、と。

「なにそれ???」って思う人もいるかもしれない。
でも、私自身、のんびりするという行為が
ものすごくヘタなので
”目標”にでもしない限りなかなか難しいのです。

歩みはゆっくりでいいから
確実に、そして楽しく毎日を過ごすために
のーんびりいこうと思っています。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-30 17:11

平凡、そしてありきたりの毎日

f0208355_1549431.jpg




”平凡”
これといった特色もなく、ごくあたりまえなこと。

”ありきたり”
新味のないこと。珍しくないこと。ありふれていること。
原義は「もとから存在してきたこと」「いままでどおりであること」が
転じて「ありふれていること」「珍しくないこと」となった。
                 (goo辞典より転載)

簡単そうで、実は難しいことなのではないかと思う。

ここ最近、特に”静かに暮らしていきたい”と
思っている私だが、
この2つの”キーワード”に密かに憧れている。

まぁ、そうは言ってもこうした仕事をしていると
それは単なる”憧れ”だけで終わってしまいそうだが(笑)

以前はとにかく人と違ったことが
したくて、またそういったことに興味ばかり持っていたが
あるときからそれは”反転”した。

でも、この2つのキーワード。

簡単そうで実は難しい。
これと似た言葉で”普遍的”というのもあるが
おそらく今のこの生活がめまぐるしい変化に富んだ
毎日だから”となりの芝生が青く見える”が如く
そう考えてしまうのかもしれないけど。

ただ、”ルーチン”とは違って
いつも笑顔の絶えない、ちいさな幸せが見つかる・・・
そんな毎日を私は”平凡”なおかつ”ありきたり”と
考えている。

毎日笑って過ごせる・・・
そんな幸せな生活なら
全てのことにおいて感謝の思いと
事を丁寧にしていこう、といった気持ちが
おのずと湧くはずだから・・・
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-29 16:38

身近な人の意見

f0208355_1635789.jpg



この歳になって初めて
身近な、特に家族の意見って大切なんだな、と
身にしみた出来事があった。

ひとりで店を営むようになって
しかも自宅を改装してだから
あれこれと余計なことまで考えることも
必然的に出てきてしまう。

こればかりは仕方のないことだと
割切れればよいのだが、
そうもいかない出来事にも遭遇する場合も多々ある。

今日は時間が穏やかに流れていたので
手伝いに来てくれていた母と
色々な話ができた。

実は今、私は端からすれば些細に感じるであろう
悩みを抱えていて、それを彼女もわかっていて
そのことが話題になったのだが

母曰く「そんなことばかり気にしていたら
なんにもできない。」

おっしゃる通り・・・

でも、彼女と話をしていたら
だんだんスッキリしてきた。

なぜなら手伝いに来ている間、
ずっと私の所作を見ながら、私の心の状態も
見抜いていたらしい。

さすが親だなぁ・・・と痛感。
それがよくわかって
雲の切れ間から一筋の光が見えたような
そんな気がして

色々なことが急にストンと
腑に落ちた、そんな気がした。

友達や仲間も勿論そうしてくれる人は
沢山いる。
でも、やっぱり身内の存在はありがたいものだなぁ・・・
とあらためて感じた瞬間だった。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-28 16:27

似た者同士?

f0208355_1323232.jpg



”パンと料理の会”と称する教室をこの春から始めたが
クラスによって本当に”色”が違っていて
指導する側も勉強になるし、面白い。

教室のある日にやむなくなんらかの理由で欠席せざるを得ない
生徒さんに対しては、友達やご家族の代理を立てて頂いているが
彼氏やご主人の参加も珍しくない。

普通なら女性ばかりの場所だから
躊躇するかと思えば
女性たちとうまく馴染んでしまって
まるでもともとからの生徒さんのよう・・・

そして全てに共通しているのが
教室が終わったあとにメールや店頭に
「あれからこういうふうに作ってみました!」と
生徒さんたち、それぞれが報告して下さること。

これは本当にありがたいこと。

私のなかでの教室のコンセプトは
”作る、食べる楽しさ”。

日々の食卓をちょっとの工夫で
(例えばそれが盛りつけだったり、隠し味に
 普段あまり入れない食材を使ってみたり)
家族の会話が増えたり、楽しい時間になれば・・・
と願っている。

毎日のことだからレシピもシンプルにしている。
レシピをそんなに読み返さなくてもいいような
そんなシンプルなもの。

シンプルにすれば応用もきく。
普段の食卓用にも、おもてなし用にも使える。

”作るってなんだか楽しい!”
”誰かと一緒に食べるってこんなに楽しかったけ?”
そんなことを再認識してくれる時間になれば
私にとっても嬉しい、と思いつつ
現在、秋のプログラムを考えている。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-24 14:00

時は経って

f0208355_152024100.jpg



昨日、一番最初に開いていたcafeでバイトをしてくれていた
女性が店に来てくれた。

もう彼女と会わなくなって何年が経っているのか
お互いに忘れてしまったほど・・・

当時、彼女は「いつか自分のcafeを開きたい。」と
言っていた。
約2年前にそれを実現させ、
今は自宅兼cafeを営んでいる。

時が経てば色々なことがあるし、
その人の風貌も変わっていたりすることが多いが
彼女は全く変わっていなかった。

逆に「みよちゃん本当に変わったねぇ!
たぶん、その辺で会っても私、気がつかなかったかも!」
と、言われた。

・・・確かに。
当時も「細いね。」と言われても
実際写真を見ると顔なんかは特に”パーン!”としていた(笑)

”変わった”というのがいい方向にであってほしい。
一歩ずつ、一歩ずつ階段をゆっくりでいいから
昇っていって、その過程で
ゆっくりと自分自身が成長できていれば・・・

少しずつ”おとな”になと
それなりに色々な事情や生活環境で
さまざまな変化をしていく。

いい意味での変化をしたいし、
時を経たいものだ。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-23 15:55

美味しいじかん

f0208355_12545362.jpg



ラストオーダー近くに行った
前から行ってみたかった鰻屋さんを先日訪ねた。

ネットで下調べはしたが
”たれ”も違うし”白焼き”とも違う鰻が
何故だかとても気になって
でも、”投稿写真”で見るとオーダーを躊躇してしまいそうな
そんな気配がしていた。

f0208355_1258127.jpg



でも店内はかなりいい雰囲気。
メニューは手描きのイラスト入りの
あたたかな雰囲気のもの。

そこで迷っていたが食べてみたかった一品を注文することにした。


f0208355_1501649.jpg



美味しいものは食べると幸せな気持ちになれるし、
それと同時に心も和らぐから
会話も弾むし、なんだか優しい気持にもなれるから不思議だ。

人生の中で”美味しいじかん”を摂る、ということは
とても大切なことなんだと
今になってひしひしと感じている。

勿論、それが外で食べるごはんだけではなく、
家族が作ってくれた”無償の愛情”のこもった料理もそう。

どこかの店で食べるのもいいが
自然に囲まれながら、芝生や砂浜、公園のベンチなんかに
座って食べるのもいいだろう。

・・・時々、心が疲れてしまって
食べ物を口にすらできない時もある。

でも、そういうときこそ、
何でもいいから(あまり咀嚼しなくてもいいようなもの)
食べてみるとまたPOWERが自然と出てきて
「あぁ、美味しいもの食べたいなぁ・・・」という
気持ちになれる。

”美味しいじかん”は
心も体の中も満たしてくれる、
そんな大切な時間なのだ。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-22 15:08

静かな暮らし

f0208355_13532136.jpg



今の職業は当然、おばあちゃんになっても続けていくが
実はもうひとつ、
なりたい職業が私のなかで、ある。

そして、その職業についたら
”静かに”暮らしたい。

ここのところ時間を見つけては
自然の多いところや時間がゆっくり流れている場所を
訪れているから・・・
というのもあるかもしれないが

ヨーロッパから帰ってくると
「あぁ、東京ってなんて忙しないんだろう。」
と感じるのと一緒のことを
今、国内に居ながらにして感じている。

もともと周りも認める(笑)
”商売ベタ”なので
店を営んでいても
”儲け”がどうこう・・・というよりは
”果たしてお客さまがこの空間で楽しく過ごして行かれたか?”
などという方を考えてしまう。

・・・キレイごとではなく、ね。

今、「近い将来、こんな日常にしていきたいな・・・」
というちいさな計画があって
それのベースが”静かな暮らし”になっている。

みんなでワイワイ愉しむ時間も勿論必要!
でも、自分が心穏やかに暮らせる時間が
あるからこそ、そうした時間も
愉しめるのではないだろうか、と常に思っている。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-21 14:02

言葉

f0208355_1649350.jpg



”言葉”というのは不思議なもので
”言霊”と表現すればそれは良いものにとらえられがちだが
ただの”言葉”だと
善いようにも、悪いようにもとらえられるし、

人と救うこともできるが
人を陥れることもできる・・・そんなツールだ。

今週はその”言葉”について
「恐ろしいな・・・」と感じる出来事があった。

おそらく本人は軽い気持ちで
投げている言葉なのかもしれない。

でも、それを受け取った人が
どう受け取るか・・・
そこまで考えて
自らの言葉を発している人が一体どれだけいるのだろうか?と。

そして私自身も相手に
そんな気持ちにさせてしまったときだって
あるだろう・・・と
自らを振り返るいい経験にもなった。

イヤな気持ちになったとしても
それは自分に当てはめてみれば
自分自身の成長材料にもなるのではないだろうか?
と今では前向きに考えている。

人間だから色々な表現方法がある。
”相手に言葉を投げかける”というのが
その行為のうちのひとつだが

子供のころはまだまだ経験自体が少ないから
その言葉によって誰かをキズつけたりすることは
そうそうない。

もともと子供のころの心は純粋だから
残酷に思える言葉でさえも
許されてしまう。

だが、歳を重ねるとそうはいかない。

こうしたことを考えてしまえばキリがないのかもしれないが
大人になればなるほど
自分の行動や言動には
自らがアクションを起こしたものに関しては特に
きちんとその後、責任がとれるのかどうか?

そうしたことも考えて行動することも
時には必要になってくるのではないだろうか?

それにしても”実の濃い、そして考えさせられる”一週間だった・・・
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-17 17:02

整理したくなる時期がやってきた

f0208355_14521498.jpg



部屋の中には極力モノを置かずに暮らしたいので
たまに家にある様々なものを
整理したくなる衝動にかられる。

その気持ちは規則的にくるのではなく
ある日突然やってくるのだ。

まだお給料を頂いて働いていた頃なんて
夜中に突如として
部屋の模様替えがしたくなり、
それと同時に

「あぁ・・・なんでこんなもの買っちゃったんだろ?」
などと思いながら大きなゴミ袋に
不要に感じたモノたちをポイポイと
入れていっていたものだった。

いつも”シンプルに暮らしたい”などと
思ってはいても
気がつけば、いや、ちょっと気を抜くと
ビックリするほど
モノたちは”繁殖して”いる。

でも、それらを”選別”していく作業が
また大変なのだが・・・

だが、その後の爽快感といったらないので
毎回、毎回行ってしまうのかもしれない。
[PR]
by mignon0701 | 2013-05-16 15:11