日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

のどかなひととき

f0208355_1434957.jpg



先日。
仕事で行った先が、友達夫婦の自宅も割と近かったので
彼らの新居にお邪魔することにした。

バブルの頃のその建物は
その香りも残しつつも
少しずつ、それが彼らの手によって
うまく消されていっているのが、手に取るようにわかる
落ち着いた空間。

夜、遅く着いて、夜中まで普段はなかなか話せないから
話しもはずむ。

そして翌朝は近くの河原で朝ごはん。

私の持っていったパンとカットしたモッツアレラチーズ、
バジル、トマト、オリーブオイル、オレンジジュース
などをかごに詰めて・・・

”ロッタちゃんのおひっこし”のようなスタイルで
心までウキウキしながら、川のせせらぎにをBGMに朝食。

おなかがいっぱいになったら
周辺をお散歩。

緑と自然に囲まれたその場所にはのどかな時間が流れていて
都会ではなかなか味わえない贅沢を堪能。

「こんな場所で育つ子供はおおらかに育つんだろうなぁ・・・」
とのどかなひとときに包まれながら、ふと思った。
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-31 14:12

よい伝染なら、どんどん広がって!

f0208355_12372922.jpg



自分がちいさなころは
そんなに今よりも便利ではなかったし、
きっと今よりももっと明らかにモノだって少なかった。

でも、その分、時間はゆったりと流れていて
周りの人たちの心はきっと豊かだったであろうと
たやすく想像することができる。

今はTVをつけると殺伐としたニュースが流れているのが、常。
現実逃避もあるのか
私がTVをほとんど見ないのはそれも理由のひとつかもしれない。

誰しもそうだと思うが、
私は例えば友達とか、誰かが幸せになる・・・
という話を聞くのが大好き。

だって、その幸せは必ず周りに”伝染”するから。

細菌とかじゃ、エラい騒ぎだが(笑)
幸せはどんどん伝染してもらいたい。

伝染することによって
自然と笑顔が生まれることによって
さらにいいことや、嬉しい話がどこからか舞い込んでくる。

今の世の中
「自分だけ良ければ・・・」という人が
残念ながら少なくないのは現状。

でも、それを覆すことはできるんじゃないのかな?
とあくまでも楽観的に考えている。

自分が幸せになることはもちろん大切。
でも、それと同時に周りの近しい人たちも
幸せであれば、その幸せは倍増するはず。

心の豊かさって?
自分にとっての幸せな時間って?

暑さ厳しき折だが、しばし考えてみる価値はあると思う。

「あぁー暑いなぁ・・・
 けど、冷たく冷やしたスイカってこの時期だから
 美味しいんだよね♪」
・・・そう思いながらも食べるのも幸せのひとつでしょ?
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-28 14:00

ものづくりに関して、いくつかのこと

f0208355_8144046.jpg



私の周りには皆無と言っていいほど
俗に言う”サラリーマン”や”OL”という職業のひとがいない。

なぜだろう?
おそらく私自身が”パン”というものづくりをしているからだろうか。

友達になる人はほとんど
自分の手から”何かしらを生み出している”
そういった職業が多い。

店舗を自ら営んでいる人も、そうだ。

私たちはよほどのネームバリューがない限り
社会的保障はないし、
収入だって不安定。
リスクはたーっぷり(笑)

それでもこの職業にそれぞれが魅力を感じて就いているわけだ。

日々の生活はその人によって
普遍的であったり、
日々、変化に富んでいたりとさまざまだが
根底にあるものは
それが食べ物であっても、クラフトであっても
一緒だと私は位置づけしている。

私が自分の店を運営していく中で
普遍的なある”テーマ”がある。

それは”暮らす”ということ。
日々の暮らしの中で、作り手とそれを見て、触れて、
もしくは購入して下さるお客さまと
常に繋がっていることによって
毎日の暮らしがいつもよりも
ほんの少しだけ豊かな気持ちになれる・・・

そんな気持ちにお互いがなってくれるような
場づくりをこれからもしていこうと思っている。
それは店の中でも、外でも同じことだ。
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-27 14:00

お散歩好き

f0208355_10182717.jpg



私は大の”お散歩好き”。
昨日、会社がなくなってしまうから・・・と退職した
古い友達が店にやってきたので
閉店後、ごはんを食べて
その人も同じく”お散歩好き”なので
当然、我が家までの道を小1時間ほどかけて、お散歩しながら帰った。

その人は以前、私の現在の住まいの近くに住んでいて
今は石神井に住んでいるので
いたく懐かしがって
「あぁ!そういや、この道!よくお散歩してた!」
という言葉が連発!!!

お散歩のいいところは
いつでも何か自分や一緒にお散歩している人の
”アンテナ”が働いたときに
方向転換したり、それまで入ったことのない小路に入ってみたり、
ふと上を見上げたり、またその逆で足元を見てみれば
感動に近い発見があったりすることだと、思っている。

むしろ、”お散歩の王道”とまで言ってもいいかもしれない。

職を失ってしまったけど、
「捨てる神あれば、拾う神もいるんだよね。」と
次のあてはあるようだった。

キャリアがある分、当然、年齢も重ねているから
正直、心配だったが、取り越し苦労。

昨晩は本当に蒸し暑かったが
それでもそういった空気感を感じたりするのも
不快感を忘れさせてくれるものなのだ。

夜なら月や星を眺めたり、
知らないうちの温かな部屋の光を眺めたり、
早朝なら清々しいクリアな空気を思いっきり吸ったり・・・
結構いいことずくめなのだ。

それに何より、体と心にいいのもそうだし、
リラックス効果からか、
今まで思いつかなかった考えも急に浮かぶから不思議だ。

時間はみんなそれぞれ平等にあります。

少しだけでもこういった時間を作ってみるのも
心が豊かになるものですよ^^
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-25 14:00

笑顔、そして挨拶の効用

f0208355_8212734.jpg




諸外国へ行くと全く知らない人同士なのに
お互いについつい”ニコッと”微笑んでしまう。
その背景には「私はあなたに対して何も害を与えませんよ。」
という意味も含まれているのだが。

最近、私たちの国でも
すれ違いざまに”微笑みがえし”をする人が増えたように
感じている。

これってすっごく幸せな気分になれる。

たった笑顔の送る、そして返すという
一瞬のやりとりなのだが
嬉しくも幸せな気持ちになってしまうのだから不思議だ。

また、挨拶にしても、そう。

犬の散歩なんかしていると
全く知らない人同士でも「おはようございます。」って
みんなよく言っているし、
朝や夜のお散歩でもすれ違った人たち同士で
私の住まいの近くの人たちは
挨拶を交わしている。

挨拶を交わす、という行為もまた
なんだか気分がいいし、幸せな気持ちになれる。

それと同時に決して忘れてはならないのは
「ありがとう」という気持ち。
この感謝の気持ちって心の中で強く思うと
願いが叶うのと一緒で
なんだか相手にも伝わる気がしている。

まぁ、でも恥ずかしいかもしれないけど
ダイレクトに相手に感謝の言葉を伝えるのが一番なのだけれども。

言葉を相手に伝えるのは難しい。
でも、微笑むことや挨拶をすること。
そして感謝の気持ちを伝えることは
ほんの少しだけ勇気を出せば
相手はもとより自分自身が幸せな気持ちになれるのと同時に
なんとも清々しい気分になれる。

これを習慣づけて損はないと、思う。

まずは誰かが自分に対して何かをしてくれたら
「ありがとう^^」と微笑みながら言ってみるのはどうだろうか?
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-24 14:00

ポジティブな仲間

f0208355_9205447.jpg



昨日は近所の友達と晩ごはんの席を共にした。
私の友達が新しいことを始めるにあたって
いろんな人の意見が聞きたくて
それが元で集合したのだが。

それにしても本当に私の周りは
ポジティブ思考な人ばっかり!

嬉しい限りだ。

そして友達=仲間と思ってくれている人が主だから
真剣に色々と考えてくれる。

私は彼らの話を聞いてばかりだったが
自分に置き換えてみると参考にもなるし、
気付きだって多かった。

やっぱり自分の世界からお外に出てみると
見えていなかったことや
聞こえていなかったことが多いのに
いつも気付かされる。

だからこういった時間は大切なのだ。
そして何より、こうした会話ができる背景には
美味しいお酒とごはんがあってのことなのは
言うまでもない(笑)

このふたつがあれば
いつもよりも更にリラックスできて
しゃべっている本人も思ってもいないような
アイディアがぽんぽんでてくるようだ。

やっぱり脳内のアドレナリンを出すために
美味しいお酒とごはんはMUSTです!

ありがとう、みんな。
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-20 14:00

頑張らない、いや、頑張りすぎない

f0208355_10394346.jpg



昨日、友達と話していて、ふと気がついたことがある。

それは今更ながらなのだが
(こういのが最近の私には多い気がする(笑))
それまでの私はただひたすら何も考える暇を
自分自身に与えることすらせずに
ただただ、頑張ってしまうことだけして
そして転んで、大けがして
それでも反省せずにまたがんばってしまっている・・・
ということ。

でも、仕事の環境が変わって
ひとりになって、以前のひとりの時とは当然環境が違う訳だから
がんばろうとしても、
それは限界がある、ということ。

それに、以前はあまりにも人に頼り過ぎなかった。
ひとりでやせ我慢ばかりしていた。

けど、もうそんなことやめました。
そうやっていって続けられる歳でもないし(爆)

ゆるりと、自分のできることを少しずつ
でも丁寧に、頑張りすぎず、頑張っていこうと
ほんの少しだけ強く思うようになった今日この頃です。
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-19 14:00

いまさらながらPOWER SPOTを見直す

f0208355_842226.jpg




ここのところ週末に私の母と犬が
よく私の住まいに”泊まりに”来る。

”泊まりに”というのは、
私の住まいには母専用の部屋があるのだが
別に実家にも彼女の部屋はあるので
本人はちょっとした友達の家に泊まりに行くような・・・
そんな感覚なのかもしれない。

いつも朝になるともう夏だから
気温が上昇してしまう前の
かなりの早朝に犬の散歩に”3人”ででかける。

我が家の近くには
神社やお寺が多く(これは実家の近くも同じ)

それまでは感じなかったのだが
神社でも自分の居心地がいいところに着くと
「あぁ、なんかいい”気”が流れるって
 こういうことなのかなぁ・・・」と
今更ながらに気がつくようになってきた。

御神木に手を当ててみたり、
神社やお寺の中のそよぐ木々を眺めていると
本当に穏やかな気持ちになれる。

毎月参加させている雑司ヶ谷の大鳥神社も
つい、こないだ気がついたのだが
ひとりで初めて出展してみたら
木々の風が本当に心地よく、
仕事をしているにもかかわらず、
自分でもびっくりするほどの穏やかな気持ちになっていた。

POWER SPOTなんて一時流行ったが
そういうのはさておき、
あえてそこを目指して日程から予定から
決めてその場所に赴く!というよりは
むしろ自分の気が向いたら、ふとそういったところに
足が向いていたらそれでいいのかもしれない。

そういうときには
きっと自分の心がある種のPOWERを欲しているのかもしれないし、
むこうから”呼ばれて”いるのかもしれないから。
(あ、くれぐれも霊的なものではなくて、ですよ。)

先日、会った私の尊敬している人が
明治記念館にはいい気が流れている、と言っていた。
そこにも行ってみようと思っている。

自分の足が自然に赴いたら、その時に・・・
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-18 14:00

願いは叶う

f0208355_946327.jpg



”願いはいつか強く思っていれば叶う”という。
でも”いつか”と”おばけ”は出たためしはない、
という人もいる。

でも、その”いつか”はある日突然やってくるのだ。

こないだ、ずっと憧れていた人が
お店にやってきてくれた。

色々な話を聞くことができて
その人から
「強く思っていれば願いって必ず叶うものよ。」
と言われた。

本当にそうなんだ・・・とその人を目の前にして感じた。

昨日はもう12年以上付き合っている
上海の親友と食事を共にして
いろんな話をした。

彼は日本に来た時に日本語は全くわからず、
それなのにお姉さんと中華料理店を始めて
いまでは何店舗も支店や工場を持ち、
貿易会社も営むようになった。

それまでの努力は大変なものだったけど
彼も「私、ずっとこうなったらいい、って
強く、強く願いながら努力したよ。
だから今、欲しいものは手に入っているし、
ずっといい仕事をしていきたいって思ってるよ。」
と言っていた。

「ねぇ、願いって強く思えば叶うよね?」
と私が彼に聞いたら
「それは世界共通のものですよ^^」
と笑っていた。

すごく報われた3日間だった。
人からすればちいさな願いかもしれない。

でも、私にとってはその憧れの人と
会うことは壮大な夢であって、
今度の壮大な夢はその人と食事をすることで
次は一緒に仕事をすることだ。

みんなそれぞれ、いろんなところで
いろんな形で努力を積み重ねていっている。

そしてそれが報われる日がいつか必ずやってくるんだ、
と思ったら、頑張らないわけにはいかないし、
ガンバる価値は十分にあるはずだ。

何もかもすぐに諦めてしまったり、
努力すること自体が野暮ったく感じる人も多いだろう。

でも、そこを乗り越えてみれば
見えてくる視野は遥かに広がっていくものなのだ。

それには周りの人たちの支え(家族や友人など)
なしではあり得ない。
ある本に”ひとりの人の後ろには50人の人が立っている”
と書いてあった。

確かにそうだろう。
誰しもひとりでは何かを実行してうまくいくことは
なかなか難しい。

そういった人たちの支えも決して忘れてはならないし、
感謝の気持ちと、日々の笑顔も
決して忘れては、ならない。
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-17 14:00

忙しい人ほど実はマメなのかも

f0208355_11482696.jpg



私の憧れてる”おネエ”のフードスタイリストさんは
本当にマメ!

どうしたらあんなに忙しいのに
毎日楽しく食事をして、お酒も愉しんで、
そしてブログやTwitterなんかも1日に
何回も更新できるのだろう?と不思議でならない。

そして何よりもいつも笑顔!
その笑顔を見るたびに私は元気づけられている。

神さまは私たちに平等に時間を与えて下さってるけど
「なんか最近バタバタしちゃって・・・」
という人に限って、話を聞いてると
別にそんなに”バタバタ”していないように感じる。
(私はこの”バタバタ”という言葉が実は苦手だ)

忙しい人ほど、時間の隙間を見つけるのが
上手なのかもしれない。

そしてその隙間を上手に自分らしく使えるから
よりマメになれるのかもしれない。

空いた時間の5分をどうデザインするか?
これって空いてる時間が1時間あるより
よっぽど難しいし、センスが問われる。

彼をはじめ、私の憧れる人たちは
本当に時間を使うのが上手だ。
[PR]
by mignon0701 | 2012-07-14 11:55