日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

リセットしたそのあとは・・・

f0208355_17345570.jpg




いろんな理由があって
仕事から離れて自分をリセットしてみる行為を
以前からしたかったのだが、

ついに先週それを実行、した。

よくもまぁ思いきれたものだ、と
我ながら驚くほど・・・

その背景にはいろいろなことが絡んでいて
その時期を待ってはいたのが正直なところだったが
自分自身で踏ん切りがつかなかった。

そしてある人たちの後押しで
私は一歩、いや半歩ほど前に足を踏み出してみた。

その週は以前から会いたかった人にあったり、
普段過ごさないような時間の過ごし方をしたり、
初めて出会った人が意外なところで
つながっていたり
久々に大声で笑ったり、
思いっきり、「こんなに食べたら明日、胃がもたれるかも・・・」
といった心配もせずに食べたり、飲んだり・・・

そこで見えたことは
意外にも、本当にシンプルなことだった。
それは・・・

常に自分がどんな環境に置かれても笑顔でいること。

今日から私は自分のお店で仕事を再開した。
それもひとりで、ひとりっきりで仕切り直した。

原点に還れば何かが見えるかもしれないから。

勿論、誰かに頼ることも必要だ。
それでないと潰れてしまっては大好きな仕事ができなくなってしまう。

私はパンを作り、料理を作り、
それらをお客さまにお伝えすることが
自分の仕事だから。
そして愉しみでもあるのだから。

これからもいろんなことが私を待ち受けているかもしれない。
それでも笑顔で前に進んでいくつもりだ。

だって、ひとりじゃないし、
”仲間”や”友達”そして”家族”もいるんだし^^
[PR]
by mignon0701 | 2012-05-29 17:47

少しずつ私らしさが出せれば・・・

f0208355_1702244.jpg



現在の住まいを構えて早1年半が経つが
哀しいかな、まだまだ”生活する”というのには程遠い気がしている。

最近になってから自宅で朝ごはんや晩ごはんを
食べる機会を増やしているが
ことに晩ごはんを作るとなると
食材を揃えるのに一苦労・・・

そんなトコから始まるのだから困ったものだ。

でも、それらを買い揃えていったりするのは
これからの楽しみになりそうだ。

そして新しいレシピを作ってみたり、
まだ挑戦(?)していない調味料なんかにも
自宅であれば気軽に挑める。

そしてゆっくり近所で見つけた美味しいコーヒーや
紅茶を入れてまったりとする。
そうやって心と体に栄養を与えることによって
リセットできるのだ。

きっとこういう時間は誰にでも必要なはず。
特に私にとっては
何年も、何年も忘れていた時間だったから
取り戻すのには多少の戸惑いはあるのだが(笑)
[PR]
by mignon0701 | 2012-05-15 17:09

心にも体の内側にも必要なもの

f0208355_873146.jpg



ここのところ、1日の生活リズムを
意識しながら変え出してよくわかったことのひとつに
”水分をたくさん摂る”ということの大切さ、がある。

私たちは意識しなくとも
結構な量の水分を摂取しているつもりでも
なんだかおナカが重かったり、
暑いのに汗が思うようにでなくて
新陳代謝に対して「あれれ?」と思ったりする時もある。

そんなときは体内に水分が足りていないのではないのかと感じる。

それからなんだか心が殺伐としてしまう時。
これは日々の忙しさだったり、
何かの理由でイライラしたりする場合も考えられるが
それでもゆっくりと自分のすきな
お茶だったり、コーヒーを飲んだりする時間を
持つと心も体の内側もじわじわと満たされる・・・
そんな気がしている。

人の体の70%は水分でできているという。
ことに女性は水分が少なかったら
お肌も乾燥してしまいそうですからね^^

とにかく、大切です。水分・・・
[PR]
by mignon0701 | 2012-05-11 14:00

リズムのある生活

f0208355_865448.jpg



最近、生活のリズムが少しずつだが変化してきている。

いつもより少し早く起きて
自分の住まいでゆっくり朝ごはんを食べる。

起きたばかりだから少量だが
ゆっくりと紅茶などを飲みながら
窓からたっぷりと入ってくる朝日にまどろみながら
ほんの少しだけの時間だが
朝を心から楽しむ。

そして仕事のあと。
ベッドに入る時間は遅くはなったが
やはり自分の住まいで食事を愉しみ
ゆっくりとした時間を過ごしたり、
気候がよくなってきたから、散歩に出たりもしている。

今はとにかく体力をつけたい。
そして心に栄喜を養いたい。
そう思ったら自然とこういったリズムが出来上がってきた。

不思議なんだけどね・・・
[PR]
by mignon0701 | 2012-05-10 14:00

丁寧さの加減

f0208355_8132091.jpg



明治、大正、そして昭和初期の建造物を見るのが大好きだ。
古い建造物はとにかく至るところまで
細部の造作が美しい。

職人さんの仕事の丁寧さが、時を経ても感じられる。
その空間に身を置くと気持ちもシャンとする。

また、私にとって大切にしていることは外食をすること。
昨日、友達と食卓を共にして話題に上ったのだが
やはり、食べ物をお客さまに提供したり、
また教えたりすることを生業としている人は
ことに行くべきだよね、と。

別に高級料理店に行く必要はない。

昔から長きにわたって続いているお店に行ってみて
”舌”でどうすれば長く商売をこの不景気の中で
続けていられるのかを探る。

古い建造物と美味しいお店には必ず共通項がある。

それはどちらも仕事が丁寧なこと。
時間をかけて、などとは違う。

効率良く、しかも見る人、食する人たちの
心を満足させる・・・
そのために丁寧に仕事をする。

地道に続けていくことは勿論、
どんな職業でも大変なこと。

でも、最終的にそれは本人の心の持ちようなのかと思っている。
[PR]
by mignon0701 | 2012-05-09 14:00

誰かといろんな話をする大切さ

f0208355_872580.jpg



たとえば友達とお茶をしながら、
親しい仲間と食卓を囲みながら、
そして家族と実家で・・・など
”誰かといろんな話をする”という普段なんてない行為を
ここのところとても大切に感じている。

この連休、普段なかなか会えない友達と会って
時間を忘れるほど話していた。
そこで気付かされることは多かったし、

地元の仲間と「まだイケるでしょ!」と
いつも通りお鍋を囲んで時間を共有したら
”5年後の実現させるべく夢”を語り出した人がいて
ついつい周りもつられて将来の話に花が咲いた。

明日だってわからない昨今だが
こういう話題はみんなが前向きになれるので
何ものにも代えがたい時間と、なる。

自分の人生のこれからは誰が決めるわけでもなく、
最終的には自分自身が決めることなのだが
こうしていろんな人たちと時間を共有しながら
話していると、自分自身を客観的に見れるし、
他の人の考えも聞ける訳だから
当然、視野も広がる。

私たちはともすれば周りが見えなくなるときだってある。
そんなとき、意識して誰かに会ってみるのも
悪くない方法だと、思う。
[PR]
by mignon0701 | 2012-05-08 14:00