日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【よりみち】

f0208355_10334464.jpg




たまにパートナーとする
帰り道途中でふと思い出したようにする
よりみちが大好きだ。

大好きなコーヒー屋さんで
ほっこりコーヒーを愉しんでみたり、
前から気になっていたカフェに
フラッと立ち寄ってみたり

いつもと違う道を歩いていたら
それまで気がつかなかった
おみせを発見して
吸い込まれるように入ってみたり・・・

こういう非日常的な時間が
たまにやってくるのって
なんだか”お小遣い”を
突然もらったような気分になれる。

前もって「今日はここへ行こう!」
なんていうのはなく
フラッと行くのがなんだか嬉しいのだ。
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-24 10:39

【ちいさなおしゃれでもいい】

f0208355_1344280.jpg




元旦以来、休みなく働いていると
当然、着る服はまいにち”仕事着”。

スカートをはいたのは
思い起こせば
去年末のコルドンの修了式の日以来全く、ない・・・

それにスカートをはいたのは
去年、よぉく思い出してみたら
5本指で十分足りるほど(笑)

先週末の夜、
実家に行き、帰りにいつも
父の部屋にあいさつしてから帰るのだが
その日は父が自ら階下に来て
「大丈夫か?疲れてないか?」
などと声をかけてきた。

「仕事と思ってない部分が多いから大丈夫よ^^」
と答えたら
「いやぁ、しかしオバさんみたいなカッコしてるなぁ^^」
と思いっきり笑われた・・・

防寒服でなんだか”マシュマロマン”みたいだったからね、私(涙)

今年はとにかく仕事しまくる年!
・・・と心に決めているから仕方ないが
それでもたまにふとした時に
おしゃれを楽しんだり、
お化粧したり、ましてやこの職業じゃ
絶対にできないネイルアートとかに
憧れたりするキモチが出てくる。

でも、自分で選んだ道ですから^^

だけど、ちいさなおしゃれを実は愉しんでいる。

髪の毛をまとめるゴムを
手創り市に出店している作家さんから買ったり

仕事の帽子に大好きな作家さんのブローチを付けたり

ちょっといいシャンプーやリンスで
髪の毛の手入れをしたり

下着を愉しんだり・・・

見えないとこが多いが
それが今の私の身の丈には合っている気がする。

暖かくなれば”脱皮”しますもの!
”オバさん”とは言わせないわよ、パパっ!(笑)
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-21 01:49

【そして心は軽くなった】

f0208355_8415634.jpg




「すみません、今日はいつもの先生がいらっしゃらなくて
 非常勤の先生なんですけど、診察を受けますか?」
と受付の人に言われた。

ここまで来たんだもん。
「お願いします^^」と待合室で、待つ。

診察室にはとっても若い男性の先生が
にっこりとして待っていた。

「すみません、いままでのカルテを拝見させて
 いただきながら現状を見ているんですが・・・」
ちょっと重い空気?が流れたかと思いきや

「僕はこういうケースは見たことがないので
 あくまでも僕自身の意見しか言えません。
 でも聞いてください!」
と真剣に、でもコトバを選びつつ
彼は話し出した。

「こういうケースはまず最初に患者さんの
 恐怖心が一番強いものなんです。
 そして術後の結果、医師側は”成功!”
 と思っても患者さんがそうじゃない場合も
 十分にありえるんです。
 後遺症なんかももちろんあります。」

「心臓病などの命に関して緊急を要する
 ケースに関してはもちろん、すぐ行うべきです。
 でも、術後の心のケアがより必要で
 見た限り悪性ではないので
 このままつきあっていく・・・ということも
 できるんです。」

「じゃ、つきあっていこうかな・・・
 やっぱりいまひとつ踏ん切りがつかなくって。」

「じゃ、そうしましょう。
 あのね、言葉が悪くて気分を害さないで下さいね。
 手術するとしたら
 体調がよくって、気分もよくって、
 できればお天気の日が僕はいいと思います。
 ”なぁーんか気分いいから今日、手術受けちゃう?”
 的な^^そんな気分ならなんでもうまくいくものです。」

「こういったケースはある程度”ノリ”も必要なんです。」

「あ、他の先生はこんな失礼なこと
 患者さんには言わないと思いますから
 どうか友達の意見として聞き流して下さいね。
 すみません、ホント、失礼なことばかり言って・・・」
と最後はかなり恐縮してらした。

でも、そんな診察で
一気にココロが軽くなった。

医療ではこんな診察もアリだな♪
と思いながら病院をあとにした。
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-17 09:00

【少しばかりの勇気】

f0208355_14501136.jpg




ちいさいころから自分の中では
とっても目立つ位置にあるキズがあって

でも、それを治すのは
かなりの勇気が、いる。

いつも、いつも気にしているくせに
勇気が出ない。

なるべく気にしないようにしていても
それを第三者に何気なく言われるたびに
ひとりでものすごく落ち込んでしまう。

こないだ
そのキズが目立ってしまうことがあったのだが
パートナーは
普段はおちゃらけているのに
ものすごく穏やかな口調でこう言った。

「僕も前からわかってはいたけど
 でも、人は誰しもそのことであなたからは
 離れないんだし、わかったとしても
 ほとんどの人が口にしないよ。
 それにあなたを好きな周りの人は
 そんなことではあなたを判断したりしないよ。」

おそらくいろんなコトで
キズついた経験が多い人だから
こんなコトバが出たのかな・・・
と感じた。

いままでずっとこのことに関しては
ココロが縮こまっていたが
もう少し、いや、
一歩でも前に出てみようかな・・・
と今は思っている。
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-15 14:58

【おそとごはんの愉しみ】

f0208355_1542362.jpg




基本的に外食が大好き、だ。

幸か不幸か”職業病”も出ず
おそとでのごはんを一般の人のように
心から楽しめる。

私たちはふだん、極力おうちでごはんを作るが
パートナーも私も
もし、そとで食べたごはんが
まずかったとしたら・・・

「いやぁー!ヤラれたねぇ^^」
と大笑いできるたちなので
どんなモノを食べてもあらかた平気なのだ。

美味しいのも、そうじゃないのも
それはそれで思い出になるからね^^

今日はおそとごはんの日。
前から予約してあるところで
すっごく居心地のいい場所。

こういう時間や
友達と過ごす時間、
はたまた家族とゆるりと過ごす時間が
私たちの大切な糧となっている。
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-14 15:47

【毎日、まいにち】

f0208355_193518.jpg




ふと気付けば
今年に入って元旦以来休んでいない。

日々、仕事をしている。

「まいにち、そんなんで大丈夫?」
とよく周りから言われますが(笑)

自分自身「仕事をしている。」という
認識がないのでしょう。

パンを作るのも、ランチをふるまうのも
仕事、としてやった!という感がないのです。

こう書いてしまうと
せっかく来て下さってるお客さまがたに
語弊が生じてしまうかもしれませんが・・・

でも、「仕事」と思ったら
ツラくなってしまったり
それこそ「お金」になんて換算してしまったら
つまらないものを提供してしまいそうで

なんだかそっちの方に思う方が
逆に恐ろしく感じます。

確かに
お金が入ってこないと材料だって買えないし
生活だってできない。

でも、それを第一には考えたくはないのです。

どこかゆるく
そしてどこか遊びのキモチがないと
きっと毎日こうしてること自体が
できなくなってしまうのかもしれません。

それは想像しただけでコワイけど。

少しまえ、
蕗の薹をパートナーが収穫してきたので
パスタに入れて食しました。

口いっぱいに広がる春の香り。
肌寒くっても
季節は確実に移っています。

こうした自然に感じる
季節の移ろいを
自分の手から日々、生み出せたらなぁ・・・
と思ってます。
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-07 01:17 | 日々の生活

【旅するパン屋】

f0208355_1726566.jpg




今年に入っていったい何日休めてるんだろ?
・・・ってくらい
「はー^^今日、お休みだー^^」
という日は、ない。

ホントに、ない。

あ、でも全く悲観的ではないのです。
むしろ楽しくってワクワクしてる。

おみせが定休日の日には
いろんなところのイベントに参加して
パンやジャム、はたまた野菜などを販売しています。

小さな真っ赤な車で
たくさんの・・・
「こんなにこの車に入ってたの???」
と周りが驚くほどの量の荷物を入れて

いろんなところへ移動します。

気分は”旅するパン屋さん”です。

でも、移動販売するからには
なんでも簡易的なもので運ぶのがイヤな
アナログな私たちなので

販売する土台となるテーブルは木のものだし
ガラスケースの古いのも
大事に、だいじに持っていく。
ワイン箱やらアイアンのかごやらも・・・

だから車にとっては
坂道がかなりキツそうですが(笑)

それでもやっぱり
おみせやさんとしては
どこにでもある移動パン屋さんだと

なんだか自分がお客さまだとしたら
つまんない気がして

今度の日曜日には
下町の空き地をベーカリーカフェにしようと
目論んでいます^^
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-03 17:34

【だいすきなこと】

f0208355_10171283.jpg




だいすきなことのひとつに
”文章を書くこと”、がある。

もくもくとなんだかまるで刺繍や編み物をする感覚
といえばわかってくれるだろうか。

そうやって自分の言葉を書き綴っていく。
この作業はパンを作る作業と同じくらい
まったく、飽きない。

暇さえあれば、活字を読み、
文字を書き綴る・・・

つい最近、
1年に1度のイベントへ参加できるか否かの
応募書類を書いた。

そのなかに”自分の食への思いを自由に書いてください”
というのがあった。

それを書き綴っていくうちに
自分の食に対する思いも
客観的に見れる。

そして、それを通じて
もっと違った視点から”食”というものが
見えてきたり、
自分の思考に変化が生まれてくる。

そういった一連の作業が
自分の内面をその都度
オーバーホールしてくれるような
気分になれるのだ。

パンを作ることを仕事にしていなかったら・・・
もちろんモノを書く仕事を
生涯の職業として選んでいたと
強く、思う。

あ、これからそれもやっていきたいんだけど、ね^^
[PR]
by mignon0701 | 2011-02-01 10:24