日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

【リアルクローズ】

f0208355_875170.jpg




私もパートナーのshigeくんも
おみせやさんを始める前はラグジュアリーブランドで
働いていたことが、ある。

shigeくんはVMD。私は販売。

俗にいう”リアルクローズ”って
お値段もスゴいが
触れてみた人は覚えがあるだろうが
とにかく肌に、そしてココロに気持ちいい。

カシミヤのトローンとしたやわらかさ、
そして包み込むようなやさしい温かさ。

シルクのツルンとしたなめらかさ、
そして暑さや寒さを調整してくれる思いやり。

スイスコットンのなんともいえない爽やかな肌ざわり、
そして夏の不快感を拭いとってくれるおおらかさ。

どれも舌の記憶と同じく
肌に身につけた途端に
私たちの中に克明に記憶される。

そしてリアルクローズはスターリングシルバーなどと同様
お手入れが本当に、ラク。

手洗いでさっと洗えるし、
アイロンだってあまり必要ではない。
使えば使うほどなじむし、
心地いいのだからしょっちゅう使う。

ということは最終的に安いお買い物なのだ。

”高級ブランド”って
私たちが勝手にそう呼んでいて
なんだか人種差別っぽいけど
昔から変わらぬ製法で作ってあるのだから
お修理だって可能!何年でも使える。

幸い、私たちの国は階級制度がないから
好きなものを選んで買える。

もし、まだリアルクローズ未経験ならば
試着だけでも試してほしい。
袖を通したとたんにココロまで豊かになれるし
やさしい気持ちになれるのだから。
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-30 08:20

【素直な舌】

f0208355_8164964.jpg





子供はもとより
お客さまの舌ってホント、正直。

私は日々、誰かに食べて頂く為に
いろんなものをこしらえてるが
自分の作ったモノ、仕入れた素材の良し悪しは
相手の口に入った途端に
結果がすぐ出る。

それもおもしろいほどに・・・

それが日々
私の糧となり、財産となって
私のなかに蓄積されていく。

今、始めようとしているプロジェクトにしても
検討している間、コトあるごとに
切実に感じている。

それと同時に
今の世の中、手に入らないものは
もしかしたら皆無といってもいいかも知れないほど
全てが瞬時に手に入ってしまう。

でも、原点に立ち返ってみて
少々不便だったり、
昔から変わらずあるものに着目してみると
時間の流れや自分の気持ちすら変わっていくのに
驚かされる。

ときどき、自分の足元や
ごくごく近い周りをいつもとは違う速度で
まどろっこしいくらいにゆっくりと見てみよう。

驚くほど、この世は輝いて見えるから。
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-27 08:24

【ゆるりとした生活】

f0208355_7553623.jpg





来年からコンセプトもプログラムもあらたに
お料理教室を再開する準備を日々している。

そういった私が出してるオーラだからか(笑)
それに関連する人と知り合ったり
お話をする機会が最近、なんだか多い。

mignonが来年からちょっと、変わっていく・・・
そんなのも予期しながら・・・

つい最近、体調を崩してしまった。
私が予想もしなかった方向で。
いまでもホントはすっごく落ち込むことだって、ある。
でも、それを支えてくれるのは
両親のあたたかな、無償の愛や
友達のあたたかな支え。

何回おみせやさんをはじめても
”自分が法律!”となると
甘えもできるが、とかく自分には厳しくなりがちな私。

でもここへきて
ゆるりとした生活を余儀なくされて
今、少しずつ、すこしずつ
生活のリズムも変えていかなくてはならなくなった。

でも、mignonを訪れて下さる方に
ゆっくりとした時間を過ごして頂きたいのだから
当の本人がセカセカするのって
なんだか違う、もんね^^

さて、ちゃきちゃき動いてきた”江戸っ子の血”。
どこまでゆるくなれるだろうか(笑)
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-26 08:06

【変わらなきゃ!いや、タイミングでしょ・・・】

f0208355_1344153.jpg





先週の後半に
自分には想像もしていなかった出来事に遭遇した。

そして、受け入れなきゃならない現実も
私を待ち構えていた。

その現実に”変わらなくっちゃ!変えなくっちゃ!!”
とヘンに焦って空回りの日々を繰り返し、
周りには心配をかけ、
それと同時にヒトの優しさ、
その存在の偉大さを
まざまざと感じさせられた。

焦ってもなんにも始まらない。

すべては変化するときに
そのタイミングを教えてくれる。

なんらかのサイン、でね。

ひたすら焦っていた私っていったいなんだったのだろう?
さっき、ホント、いましがた
ツキものが落ちたかのように
それに気付いた。

自分がある出来事の渦中にいると
それから逃れたくて、
でももがけばもがくほど
どんどんその深みにハマっていってしまう。

今回の出来事は
自分自身はさておき
とにかく周りを心配させてしまった。

当の私自身がイチバン不安だったけど、ね(笑)

でも、やっと光が見えてきました。
抵抗しても無駄な事態があるってのもよくわかった。
そして、何より
何も抵抗せず、流れに任せていれば
ゆるりと変われる・・・

そんなコトも身を持って理解できました。
さ、来週から新しい私です^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-23 13:15

【話しかける大切さ】

f0208355_7543381.jpg





おみせやさんを始める前から
自分では日常的だったのだが
ハタから見たら
パン生地や煮込み料理、お庭の草木など
自然のものに話しかける、という行為は
非日常な行為らしい・・・

でも、いろんなご本に書かれているが
「草木などに話しかけるとよく育つ」
というのはあながち俗説ではないのだ。

実際、クラシックをかけてパンを作るおみせだって、ある。

それに周りの料理人を見ていると
「え!私もそうですよ!」
という人が本当に、多い。

無形だと思ったら
こっちの話しかけに応えてくれるのを
日々の仕事のなかで
私たちは実感しているからかもしれない。

人間だって
話しかけられて、褒められたりしたら嬉しい。

それとおんなじなのだ。

自分の手からお客さまに伝わる
このコたちを「愛おしい」と思うのは自然。

そしてお庭を和める空間にしてくれる草木たちも一緒。

私たちは自然のなかで
さまざまなものと共存しあって生きている。

無形も有形も
そんな垣根は最初からないのだから・・・
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-15 08:03

【カメラ女子】

f0208355_7502356.jpg





ちまたには「カメラ女子」なる女性たちが増えているらしい。

一眼レフのデジカメを常に持って
ブログ用が主らしいが
いろんな景色を切り取っている・・・

趣味にしたら私もハマってしまいそうだから
古いデジカメのままだが

確かにキレイに撮れると
「もっと!」「さらに!!」なんて
追いかけたくなる。

それをとってもなんだか女性の方が行動的に映る。

それと同時にお料理教室やお菓子教室に通う
「スイーツ男子」も増えている。

夫婦も妻に先立たれるよりも
夫に先立たれた妻の方が、がぜん元気!

マイナスなニュースばかり日々飛び込んでくる
こんな世知辛い世の中になってくると
女性のほうがたくましくなってくるのかもしれない。

子供を宿し、産める機能や
母性という本能を女性に生まれたときから
備わっているからかも・・・

「困ってるんなら私がなんとかしなきゃ!」的な・・・

どんどんお外に出ていく女性たちは
頼もしくも、美しくも感じる。
そして、自分自身も背中を押される気がした。
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-14 07:58

【自然のもの】

f0208355_7555857.jpg





パンや料理を作ることを日々の仕事としているので
旬やら気候におのずと敏感になります。

今年も収穫の秋だというのに
天候不順からおみせで扱っている
国産小麦が不作で
しかも高騰するのは夏から覚悟してました。

とはいえ現実に手に入りにくくなるのは
おみせやさんとしては正直キツいんです。

でも
自分たちの思った通りにならないのは
自然界のことゆえ、仕方がありません。

小麦が高騰しても
商品の値段は上げずにやっていこうと思っています。

簡単に下げる事はできても
上げるのは・・・ね^^

人工のものは安定していて
確かに便利なのかもしれません。

でも、私はこの不便さを愉しみたいので
なんでも揃う東京に住んではいますが
自然や不便さと共存していけたらなぁ・・・
と日々思っています。
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-13 08:03

【普遍的なもの】

f0208355_7313219.jpg





ここのところ日々、
来年のお教室のプログラム作りに余念がない。

毎日、毎日アツコさんと連絡をとりながら
いろんなコトを検証している。
何度も、何度も。

なぜならこのプログラムは
来年スタートするが
コンセプトや基本的な内容は
スタートしたら変えようという気がないから。

10年後もあせることのない
普遍的なものにしたいから
慎重になっているのだ。

誰にでもわかりやすいコンセプトと内容。

10年後
あきらかに年を重ねているわけだから
運営する側にもわかりやすく(笑)

個人だと何回でも
いつだって修正はきく。

でも誰かと一緒に何かをするときは
”想い”がブレることなく
互いの点のいくさきは同じ線で結ばれていないとならない。

それに当の私たちも
同じ方向を見ているから
ヘンな焦りもない。

ただただ”自分たちが何年経っても通いたい!”
と思える内容にしていきたいから。
いろんなものをそぎ落として
シンプルにしていく作業を繰り返す。

出来た時の達成感、
そしてそれから発展させていくことへの楽しみを胸に
今日も繰り返すのだ。
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-09 07:43

【ゆるりと】

f0208355_8571877.jpg





社会人になると友達や、まして”親友”なんて存在は
出来にくい環境になってしまう。

でも、ごく稀に神さまからその存在を頂く場合も、ある。

アツコさんがそのひとり。

今、彼女とmignonの来年から始まる
お教室のプログラムを構築をしている。

彼女は仕事の時間の都合上、
実際にお教室のスタッフとしてまだ参加しては
もらえない。

でも、彼女との付き合いが今年いっぱいで
終わってしまう、とかではない。
彼女との付き合いも、mignonも
これからもずっと続くものだから
彼女がスタッフとして参加できるようになるまで
待ちながらお教室は運営していく。

自分のおみせやさんなのだから
全部を急ぐ必要は、ない。

ゆっくり、ゆっくりと育てるように
”待つ”ということが必要なケースだってあるのだ。

おみせやさんやお教室を持つと
それは一過性のものではなく
何年も何十年も向き合っていくことになる。

だから育てていくのにも
大急ぎなのとゆっくりなのが当然出てくる。

いろんなコトをそれまで経験できたからかもしれない。
今は大切にしてゆっくり時期を見て
準備することも増えてきた。

タイミングを見計らっている

といえばわかりやすいだろうか?
”自分が法律”となると
物事を決めるタイミングも大切。
修正できるとはいえ、タイセツ。

友情もおみせやさんも
ゆっくり、ゆっくり
でも確実なものをちょっとずつ増やしていきたい

そう思っている。
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-08 09:07

【資格POWER】

f0208355_7585917.jpg




最近、ある女優さんとよくお話する機会があった。
彼女はこれからもっと料理の面で
出ていこうとしているようだ。

「私ね、私のレシピなんて大したことないんだけど
 よそさまに教えるようになってきてから
 みんなその人の持ってる資格とか
 バックグラウンドをすっごく重視するんだなって
 感じたのよ。でも、そんなの何にも持ってない。
 ならば私もなんとかしなきゃって考えるように
 なっちゃったのよねぇ・・・」
と。

確かに見知らぬ誰かを判断する時の材料に
”どこそこの学校を出た”
”〇〇で修行していた”
”こんな資格を持っている”
なんかがそうだろう。

哀しいが我々日本人は
肩書きを重視しているてらいがある。

実際、スゴい学歴と経験の持ち主であっても
がっくりしてしまう時だって多いけど・・・

この”資格などのバックグラウンドPOWER”は
消える事はないだろう。

私も以前経営していたカフェのときは
さほど、そんなことは気にならなかったが
ここ最近、それに重きを置いている人の多さに
しばし考えさせられている。

みんな安心材料は
多ければ多いほど、いいのだろう。

それに流されたくはないが
重要視せざるを得ないのかも知れない・・・
[PR]
by mignon0701 | 2009-10-06 08:08