日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

【私は私。それを忘れないで・・・】

f0208355_853427.jpg





少し前に母と和久傳丸の内で
今月いっぱいまでの販売だった”朱玉”を購入。

和三盆の切なくも儚い甘さが
夏の名残りのような感じがして
この夏がより印象深いものになった。

ここの商品はどれも作り手が丁寧に作った
というのが舌を通して、わかる。

そしてそれを販売する人たちも
作り手の思いを理解しているようで
おのずから丁寧な物腰になる。

私は日々、パンを焼いたり、
たくさんのお客さまの為のランチを作っているが
時々、こういった丁寧さを感じるお店に行って
ちいさな、でも確実なショックを受けてくる。

周りを見たら
頂上がないかのように
上には上がいて、それに惑わされてはいられない。

でも、時々、落ち込んだり、
反省しまくって、悩んだりも、する。

でも、私は今ここにいる私しかいないのだから
私に対してBESTを尽くすのがイチバン!

私自身の”軸”がブレてしまっては
もともこもない。

ときどき自分を戒めて、
そしてシャッキリして、日々の日常を過ごそう。

だって、私は私しかいないのだから。
さぁ!今日も笑顔で、ね^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-31 08:16

【はげみになること】

f0208355_87042.jpg




私がいつも悩みを相談する方は
「私ね、前向きなことしか考えないようにしてるの^^」
とニッコリ話す。

彼女は多くの人のネガティブなコトバを
日々耳にするからだろう。
ネガティブなPOWERって実はスゴイから
それに負けないように前向きでいるって
実はタイヘンなこと。

私の古い友人の司祭の先生も、そう。
彼らのような職業の方々には
彼らの悩み自体を聞く、専門のカウンセラーの
存在もあるそうだ。

誰だって万人じゃないのだから・・・

おみせやさんをやっていても、そう。
昨日だって嬉しくなったり、心温まる出来事もあったが
”なんで?”って思うほど悲しい出来事もあった。

ネガティブとポジティブはいつも背中あわせ。

私が日々の暮らしの中で”はげみになること”といえば
 ・ お客さまの温かな笑顔
 ・ 大切な家族や友人の存在

そういった大きなPOWERに包まれていれば
深く、ふかくキズつくような言葉を受けてしまったり、
哀しい出来事があったりしても
なんとか乗り越えられるものだ。

さ、今日もいいお天気。
元気!元気!
前向き!前向き!にいきましょう^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-28 08:14

【やっと実感できたコト】

f0208355_82093.jpg





これを読んで下さってるみなさんは
当たり前のことと思われるかも知れません。
ですが、私にとってはすっごく新鮮なコト。

それは”睡眠”。

幼い頃から睡眠不足だったので
特に”眠る”という行為自体を重要視することなく
これまで過ごしてきました。

平均4時間眠っていれば・・・
と過ごしてきたから、です。

でも、2か月前
カラダにいつもと違う変調をきたして
長年相談している主治医の方に聞いたら
「仮眠の約1時間だけがリラックスできていて
 あとはキチンと睡眠が摂れていない。」と。

過度の睡眠不足と過労と診断されました。

自分の中で全く意識していなかったことなので
正直、ショックでした。

でも、仕事を休むこともできずに
お客さまからはパンの注文やランチ、ディナー
はたまたケータリングのご予約も次々と
入ってくる・・・

ココロのどこかで”そんなに睡眠って大事???”
と思いつつ、いい仕事がしたいから
「これも仕事!」と思いつつ
ムリくりベッドに入るようにしてきました。

そして、二か月以上経った昨晩。

本当に初めてぐっすり眠ることを体験できたのです。
その目覚めの清々しいコト!
今までにない体験でした。

きっと、睡眠の質もよかったのでしょう。

ココロもアタマもいつになくクリアで、
カラダの隅々まで生きてるんだって実感!

おみせやさんとして
いろんなコトをこのブログでお話してきましたが
大切なコト、しかもヒトとしての営みを
お伝えしないままだったように思えました。

大袈裟ですが
生まれ変わった気すらするものですね^^

もっと、もっと日々の暮らしを
そして自分自身のあり方をこれを機会に
見直してみたいな・・・
としみじみ思いました。

それは、今回の睡眠のことや
自然の中に自分を置いて見ること、
誰かと会ったり、お話することで
自分にとっては未知の世界に踏み込んでみること、
以前から思っていたけど、実行できなかったことを
思い切ってやってみること、など。

いい機会を神さまから戴きました★
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-27 08:17

【今日もココロに栄養を】

f0208355_7464745.jpg





誰にでも元気のミナモトは、ある。

私にとってのそれは
いろんな人と会ってゆっくり話をすること。

メールや電話、手紙なども
もちろん元気を与えてもらう。

でも私は直接会うのが、好き。

相手の顔を見ながら
ときには美味しい食卓を囲みながら
いろんな分野の話をする。

シゴトや近況報告だけじゃなくってね^^

コトバを発することによって
それまで悶々と考えていたことが明確になって
なんだか自分の考えを”第三者的”に感じられる。

”あ、私ってこう思っていたっけ”って。

そうしながら相手の話に耳を傾けてみれば
視野は広がり
偏りがちになっていた
自分の思考にも
新たな発見が垣間見える。

いっつもこういった時間を共有する相手とは
”こういう時間ってお金には絶対変えられない
 財産だよねぇ・・・”
と言っている。

私たちの生活は日々進化して
どんどん早く、ラクにできるようになっている。

でも、そのスピードに翻弄されて
疲れてしまう自分も、いる。

そんな合間を縫って
意識して友達や家族と話をする時間を作る。

絶対に得るものはあるし、
なにより、話すこと、相手との時間を共有できる
満足感がココロ満たしてくれるから。

そして、明日からまた
前向きに進んでいけるから^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-26 07:56

【何かを始めたいあなたへ おみせやさんからの手紙 11】

f0208355_8241547.jpg




おみせやさんをやっていると、当然メリット・デメリットは、ある。

メリット :自分で法律を決められる。
      お休みとか、さまざまな決まり事とか。
      そして、修正もしやすい。
デメリット:収入が不安定。
       社会的保障が少ない。

それでも何かを自分自身で始めようとする人は絶えない。
多いからこそ、他にはない何かを探さなくては、ならない。

昨日、ここのところカラダの調子がいまひとつだったので
近所の整骨院へ行った。

とても広い整骨院だが
施術する人はひとり。
あとは受付の年配の女性だけ。

先生に”誰か助手さんを雇おうとは思わなかったの?”
と聞くと
”自分のやり方に忠実じゃないと患者さんに悪いし、
 変に我を出されちゃ困る。
 それにね、患者さんの波があるでしょ?
 人件費を考えると、最初から誰かと一緒にやる気すら
 なかったんですよ^^”と。

その先生の仕事は本当に丁寧で
どんなに忙しくてもまるで僧侶のような
落ち着いた対応を平等に、する。

誰かと一緒におみせやさんなり、事業を起こすことは
それはそれで将来大きくできるし、
例えば自分が周りが見えなくなったとき
相手にアドバイスやら相談もできる。

でも、ひとりなら冷静に自分の”内なる声”に
耳を傾けることができる。

以前、「おみせやさんを始めたいあなたへ」でも
書いたが、誰かと一緒何かを始めるのには
リスクも生じることもアタマに入れておかなくてはならない。

小さく、無理せず
”ホントはガンバればもっと、もっとできるんだけど・・・”
くらいでとどめておいて
様子をみて、そして反応が見えてきたら
いよいよ大手を振って
みんなに知らせる・・・
というのも手、だ。

季節は秋へと
ゆっくり、でも確実に流れている。

この夏、あなたは何かみつけられましたか?
この手紙があなたの毎日をちょっとでも
見直せるきっかけになれたら嬉しいです。

あなたならできます。
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-25 08:44

【何かを始めたいあなたへ おみせやさんからの手紙 11】

f0208355_842477.jpg





何かを始めたい・・・と思った時
必要不可欠なのは
周りの人たちの協力。

自分が何かアクションを起こすにあたって
家族や友達がどれだけ親身になってくれるかによって
それから先がうまくいくかどうかが
わかる気がする。

恥ずかしい話だが
この年になって、私はやっと実家の両親を
頼ることができた。

私は長女なのだが
その”長女な性格”が親に頼るのは
なんだか申し訳ない・・・という
変な感情が先に働いてしまっていて
頼るに頼れなかったのだ。

でも、ある出来事がそんな私を変えた。

人生の岐路に立たされて(おおげさ?)
その時は無意識に両親を頼った。

親としては”なんで今まで素直に頼ってくれなかったの?”
と不思議がるのと同時に無償の愛で
私を精神的に支えてくれている。

友達だって、そう。

本当に困ったとき、
哀しい出来事が自分自身を突然襲ったとき、
もちろん、両手放しで嬉しいことがあったときも

いつでも彼らは支えてくれる。

何かを始めたいとき。
まずは自分の直感を信じてアクションを起こす。
そうすればベースができるから。

次はそのベースをどれだけ固められるか、
もしくは、様々な出来事に柔軟に対応できるか
一見、両極端だが
このふたつがとてもタイセツになってくる。

そこで、家族や友達など
あなたの周りの大切な人たちの登場!なのだ。

何度も言っている事だが
私たちは決して自分ひとりだけで立っているわけでは、ない。

みんなの見えない支えによって
初めて立っていられる。

みっともなくっても、いい。
みんな、恥ずかしくもみっともないんだから。

おナカをさらけ出せる相手には
おナカを見せて、どんどん頼ろう!

お礼は自分自身がそれによって
成長できればOK!なのだから。

普段、おざなりになりがちな
自然界を見渡してもそうでしょう?

きれいな夕日になるには、
きれいな花を咲かせるには
そしてたわわに実を実らせるには
酸素やら水やら空気やら
いろんな協力があって、そうなれる。

”ひとりでなんとかやってみるわ!”
なんてどうか努々思わないで下さい。

だれかと一緒ならムリなコトも
可能になるのですから・・・
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-24 08:22

【何かを始めたいあなたへ おみせやさんからの手紙 10】

f0208355_7592953.jpg





おみせやさんを始めるにはお金が当然必要となってくる。

しかし、大概の人は
貯蓄や所持金が限られている。

もちろん、借りることだって可能。
でも、”借りる→返す”というのが
ストレスになってしまうのは、必然。

だから最初は極力、ココロを軽くしていたい。

自分の中でやりたいことを実行に移す時
やっぱりカッコよく実行したいから
”アレも必要。コレもあったほうが断然ステキ♪”

でも、ちょっと待って下さい。

それはあなたの身の丈に合ってるものでしょうか?

自分の度量や身の丈に合っていないモノを揃えても
気分的には満足でも
ハタから見たらなんだか違和感を感じてしまう場合も
実は、あるのです。

特におみせやさんを始める時の
初期投資は少なければ少ないほど、いい。

なぜなら
始めてから様々なことが変化していきます。

想像とは違ったモノが売れたり、
想像とは違ったお客さまが中心の層になってたり・・・

とにかく自分の思った通りに
ビックリするほどなりません(笑)

おみせやさんというのは
お客さまがいらっしゃって初めて成り立つもの。

お客さまありき、なのです。

だから、最初は自分が納得しないだろうけど
最低限、機能する程度にとどめておきます。

それから流れが見えてきたり、できてきたら
とっておいたお金で
少しずつ、少しずつ改良していけばよいのです。

少し前にお話ししたように
ご自分のおウチの中を整理してみると
案外、発想や見方を変えれば
捨てずに使えるものが
実はたくさん、あります。

私が以前、カフェ開業について講演したときも
質疑応答の中心は
”どんな資格をとればいいのか?”
”どんなものをそろえればいいのか?”
が中心でした。

でも、それよりも前にもっともっと大切なことが
本当にたくさんあるのです。

”タイセツなものは目に見えないんだよ。”
と「星の王子様」の中のキツネも言っています。

”実行に移そう!”と何事も決めたら
次は意識して立ち止まって
自分の周りをゆっくり、ゆっくり見まわしてみて
その為に必要なものを自分がどれだけ持っているかに
シフトチェンジしてみましょう。
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-21 08:15

【何かを始めたいあなたへ おみせやさんからの手紙 9】

f0208355_7584641.jpg





”継続は力なり”ってコトバがあるが
本当にそうだと、思う。

おみせやさんを始めたって
そうそう、いいことばかりじゃ、ない。
(むしろ、いいことばかりじゃ退屈かも?)

それぞれの人生においてもそうだ。

始めるのはカンタン!
なぜなら始める時は、勢いがあるし
なんにしてもポジティブにかまえるから
怖いもんなしなのだ。

でも、いざ、扉を開けてみると
想像していなかった問題に直面する。

そのとき自分はどうするのか?

真っ向から立ち向かう?
いろんな結果を想定し、分析してから策を練る?
逃げてしまう?

いろんな選択肢のなか
ひとつのことを続けていくのは
本当は至難の業。

でも、いろんなコトを乗り越えて、続けていかないと
いつまでたっても同じことの繰り返しだし
自分自身も成長できない。
周りにも”いつだってあぁだよねぇ。”と評価されてしまう。

いつもどおりのことを
いつも通りに続ける。
どんなときも、どんなコトが起きようとも。

何かを始めたら、とにかくちょっとでも続けてみる。

かの宇野千代さんが
全く文章が書けなくなってしまった頃
とにかく一行だけでも毎日書くようにしたらしい。

外を見て”今日は雨だった。”
次の日はもう一言ぐらい足して・・・
だんだん、毎日ちょっとでも書いていると
”あら、案外できるかも・・・”
と気付かないうちに克服できたそうだ。

何か始めたいことが見つかったら
いいことばかりじゃないんです。

でも、肩肘張らずに続けてみましょう^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-20 08:14

【何かを始めたいあなたへ おみせやさんからの手紙 8】

f0208355_7304795.jpg






普段の生活とは違って、習い事を始めるわけでもないし
サークルに入ったり、とも違う。

自分からアクションを起こしたい。

でもそれが何をやったらいいのかがわからない。
動き出したいのは確かなんだけど・・・

そんなとき
おウチの隅々を整理してみることをおススメする。

結構、私たちの生活の中で
さまざまなモノを丁寧に整理していくと
普段おざなりにしていたものが見えてきて

いるモノといらないモノを選別し
排除していく作業を重ねていくと
自分の好みや嗜好が客観的に見れて
知らなかった自分が見えてくることも
多々あるのだ。

それは服や雑貨、
はたまた読んでいる本や
聴いてるCD・・・
そういった類から

”自分ってこういうのが好きで
 こういうことに興味あったんだ!”
と驚くかもしれない。

それが始めたい”何か”を発見できるきっかけにも、成りうる。

自分をプロデュースする第一歩。

何かが必ず見えてきます。
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-19 07:39

【何かを始めたいあなたへ おみせやさんからの手紙 7】

f0208355_84233.jpg




”cafeをやろう!”と思う前に最初は
”雑貨屋さんがやりたい!”と思ったのが
おみせやさんへの夢の始まりでした。

小学生の頃から近くだった原宿や青山に
しょっちゅうお買い物に行っていて
漠然とそんなことを考えていた。

自分の大好きな雑貨に囲まれて
それを同じく好きな方が方々から訪れる。
自ら選んだものを
お気に召して下さった方のおウチへ
雑貨たちはお嫁さんに行く・・・

また
雑貨屋さんで扱う食器で
テーブルコーディネートやお料理のお教室を
開いて、その食器でランチやお茶も出す・・・
そうすればおみせやさんとしても成り立つかも?とも。

日本の人はどのお店に入っても
”ただ、見てるだけ”が許されてしまう
(欧米だと買う意識をもってお店に入らないと
 失礼に当たりますものね^^)

だとしたらお客さまは
何にお金を落として下さるのか?

そんな観点から
”雑貨”というひとつのカテゴリーから
共通性を見出し、リンクさせてく・・・

結局、今のmignonの原点になってます^^

それと夢や希望は
できるだけたくさんの人に話しておくのがおススメ。

”もー〇〇さんっていっつもそう言ってるよねぇ”
と呆れられたとしても、です!
何度もコトあるごとに口にしていると
お互いの潜在意識にそのコトバは
入り込んでいるので
あなたの知らないトコロで
ビックリするような嬉しい知らせが
届く可能性だってあるのです。

”そんなこと言ったって、ねぇ・・・”
なんて思わないで!
言うのはタダ(笑)ですし、
夢や希望なって明るい話題ですもの。

ただひとつ注意しなければならないのは
押しつけがましくせず、あくまでも控えめに、ね^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-08-18 08:16