日々の暮らしを愉しむ

mignon0701.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

【私が料理研究家になろうとした瞬間】

f0208355_7562473.jpg




私は普段、自分たちのおみせmignonで
パンや来て下さるお客さまのランチやディナー、
はたまたご依頼下さった方々の
ケータリングなどを作るのが仕事。

そしてmignonで月2回行われている
パンが主役のお料理教室では
講師をしたり、
mignonの外では料理研究家でもある。

私が料理研究家になろうと思ったきっかけは
至ってシンプル。

誰かの為に料理を作る・・・
それが相手を笑顔にしたり、
シアワセな気持ちにさせてあげることができる。

こんなステキな職業ってない!って思ったから。

たとえそれがちっぽけな幸せだとしても
私はそれに全力をそそぎたいし、
おばぁちゃんになっても
ずっと、ずっと続けていきたい!と思ったから。

自分の気分や体調。
はたまたちょっとした配合を変えただけで
料理は、パンは
様々な顔に変化する。

その発見や気づきも奥深いものだし
私にとっては飽きないし、尽きないもの。

さぁ、今日もいつもと変わらず
mignonを訪れて下さる誰かの為に作ろう。
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-31 08:09

【毎日、ちいさなコトでもいいのだから】

f0208355_8191236.jpg




写真のちいさな、小さな”ドウボーイストラップ”は
mignonの完全予約制ディナーにいらして下さった
お客さまからのプレゼント^^

mignonには私たちがおみせやさんを始める前に
N.Yの蚤の市で買ってきた
ドウボーイのクッキージャーがあって
お客さまには”私が料理やパンを作ってるんじゃなくって
ホントは料理長である彼が作っているんです^^”
とお話しているから
ネットで見つけて下さったらしいのだ。

「mignonの料理長」の1000分の1にも満たない小ささ^^

それにカコつけるようだが
毎日、どんなにちいさなことでもいいから
自分の生活の中に目標を掲げてみるのはどうだろう?

「誰かと目が合ったらニッコリとしてみる」
「子供に話しかける言葉を、オトナと同じ言葉にしてみる」
「ありがとうって意識しながら、言ってみる」

どんなにちいさなコトでもいい。

すると自分でも驚くような発見が
必ずといっていいほど、アル。

それが気に入ったら、自分が心地よく感じたら
習慣にしてしまえば、いい。

これを意識してみると
何の変わりもなかった毎日が
急に変化してくる。

ただ、毎日意識するのは
義務感を感じてしまうだろうから
ほどほどにやってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-30 08:38

【ある期限】

f0208355_8333571.jpg




今月末に結果が出るタイセツなことがあるのだが。

期限を決めたのはこっちなのだが
その待っている間の長いコト、長いこと。

待っている間、いろんなシチュエーションを考えてしまう。

ポジティブなのも、ネガティヴなのも・・・

けど、まぁ、そうは言ったって
どんな状況の答えが出たとしても
それが本人には最良の答えだと言うし
神さましか知らないのだから
とにかく待つしか、ない。

フォレストガンプのママも言ってた。
”チョコレートの箱は開けて食べてみないと
 わからないものよ”って。

とにかく!
想像することはいっくらでもできる!

それより、それを待つ間、
今を大切にしないと!

前向きに、前向きに、ね^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-29 08:52

【無償の愛】

f0208355_757212.jpg





こないだ、この年になって初めて
あることで悩んでいて母に頼った。

それまで「自分の親に甘える」という行為自体が
なんだか自分の中で
「してはいけないもの」と決め込んでいた。

でも、その時はどうしようもなく母の声が
聞きたくなり、気づいたら電話をしていて
いつもはお友達とのお付き合い最優先!(笑)
の彼女が”すぐ行くから!”と
飛んで来てくれた。

血のつながった家族は、他人とは違う
「損得」ではなく「無償の愛」で
どんなときでも受け入れてくれる。
彼女に話すだけでもアタマの整理ができて
今の年齢になったからこそ
彼女のコトバがすんなり耳に入ってきた。

生まれてこのかた、思い起こしてみれば
強がってばかりで
心配掛けないようにしていたつもりが
逆にすごく心配をかけてしまっていたことが
多かったように、思う。

私の心から信頼している相談相手が
こう、自分の著書に書いている。
”親と会えるのが盆暮れ年に2回で、
 親が今60歳だとしたら、平均寿命の80歳までと
 考えてもあと40回しか会えない。
 だとしたらその1回、1回を丁寧に
 過ごしたくなる・・・”と。

幸い、私は会おうと思ったら
すぐに会える距離に住んでいるので
もっと回数は多いが。

あらためて今回のことで
親の話を聞くことの大切さ、甘えることの大切さが
わかった気がした。

もしこれを読んで下さってる方が
ご両親が遠方に住んでいるのなら
手紙を書くのもいいだろうし、
もう二度と会えない星の元にいるのだとしたら
写真を見たり、思い返すだけでも
心に「何か」が浮かぶはず。

私たちはひとりで生まれてきたけど
生まれるまで母の体を通ってきたのだから・・・
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-28 08:11

【打ち合わせのときに】

f0208355_7445220.jpg





先週の金曜日はmignonをお休みにして
ブランドアイデンティティーコンサルタントの方と
打ち合わせをしてきた。

彼女はmignonのお客さまなのだが
今回は私がクライアントとして。

すっごく視野が広がった!

彼女も”食”関連の分野は初めてで
同じことをおっしゃってたけど。

そして、結果
”自分のまだまだ知らないことを、その道を
 専門としてる人に話を聞いたり、
 実際に会ってみるだけで
 POWERがもらえるし、
 自分自身の興味も視野もひろがっていくよねー^^”
とやや興奮気味に帰ってきた。

次回会うまでに
私も資料を作っておかなくてはならないし、
それによってまた多方面で調べることによって
五感も刺激されるし、知識も増える。

仕事に関しての打ち合わせは
だから、大好き♪

打ち合わせをする場所も
会議室でない限り、いろんなお店でやるから
それも楽しみの一つなんです^^

例えばこれを読んで下さってる方が
主婦の方だとしたら
同じ主婦の方とのお話がこういった”打ち合わせ”的
見方だと、また感じることは違うはずですよ。

いつもの会話を違うロケーションでしてるんだって
想像しただけで
感じ方、見え方が明らかに違ってくるはず^^

カラダは少々夏バテぎみですが
脳にはいい汗かいてる
この夏、です^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-27 07:56

【大切な人の為に】

f0208355_8163785.jpg





誰にだって大切な人は、いる。

私たち夫婦は偶然に偶然が重なって
ある時、一緒に住むようになった。

それまでは”知り合い”のひとりだったのだが。

その後もさまざまな偶然が重なり
100年以上経つちいさな教会で
私の司祭の先生に式を挙げて頂いた。

それからふたりでおみせやさんを始めて・・・

私は昔から”家族”というものに憧れていた。
自分の育った環境のような・・・
でも自分なりの”家族”が欲しくて、欲しくて仕方がなかった。

私の主人は多くを口にしない。
よくいえば寡黙。
悪くいえば何を考えているか困る(笑)

でも、その中に彼なりの優しさや無償の愛を感じ取ることはできる。

ずっと、おみせを始めて
ひとりで走ってきていた気が最近していた。

でも、それはただ単に自分自身のココロが
疲れてしまっていて、
大きな勘違いをしていただけ。

明日はあえてお店をお休みさせてもらうことにした。

ここのところの疲れたココロで一番大切な人を
いちばん苦しめてしまっていたから。

自分の為、だけでなく
大切な誰かの為に休むことも必要なんだと
この仕事をして初めてわかった。

夏休みもきちんと、とろう!とふたりで決めた。
それだけ休むことの大切さを今回、学んだから。

誰だって、ひとりで生きてるつもりでも
誰かの支えがないと生きてはいけないんです。

それを気付かせてくれた夫のshigeくんに
ココロから感謝、です。
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-23 08:27

【秋に始動!】

f0208355_7574694.jpg




本格的な夏が来る前に”秋”って・・・
と思われるかもしれないが

実は今が私にとって「種まき」のシーズンなのだ。

私たち夫婦の営んでいるおみせは
開店当初は雑貨とcafeのおみせだった。

でも、ランチで出すパンがご好評をいただき
秋にはパンを販売するようになって

そうしたら前とは違ったお客さまが
沢山いらっしゃるようになって

いつのまにか地元の皆さんに
”パンやさん”として育てて頂いてしまっていた。
でも、そうやって変わっていくのもアリかぁ・・・
と水中をゆーらりと浮遊するクラゲのように
お店自体も変化していった。

そうしているうちに
いろんなことが見えてきて、方向も変わってきた。

そこで自分自身が「やってみたい!」
「こうなりたい!」というのがなんだか明確になってきて
それをいよいよ実行に移すのが”秋”というわけなのだ。

今年が終わる頃、
今よりもほんのちょっぴり成長してるであろう
自分を想像すると
今のこの”種まき”の時期は
楽しみですら、ある。

いくつになっても、偏見を持たずに
いろんな事に興味を持つココロは失いたくないですよね^^
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-22 08:07

【意識しながら実行したいコト】

f0208355_821834.jpg




意識しながら実行していきたいコト・・・

それはスローな生活。

おみせやさんをやっていると
否が応でも日々、時間に追われる。

でも、自分たちが提供したいのは
お客さまが心からゆっくりして頂ける空間。

なのに自分たちのココロに
余裕がないときも、正直、ある。

まだ開業前にふたりでN.Yに行った。
N.Yはなんだか忙しないトコだって聞いてたけど
私にはTOKYOの方がもっと、もっと
忙しなくて、小さいな
と感じた。

イタリアから発信された”スローフード宣言”も
すっかり今では定着している。

今年に入って”農”を見直す人や
それに携わる人が増えてきた。

「一種の流行だ。」と
冷やかに見る人もいる。
それも一理あるが、でも私たちをはじめ
みんながそれぞれ

”そろそろ、もうちょっとスピード落とさない?”
と心でつぶやき始めているのが
自然と動きになっているのではないだろうか?

スローな生活。

急ぎ慣れている私たちには
結構、意識しないと難しいことなのかもしれない。
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-21 08:15

【おみせやさんを始めたいあなたへ LAST】

f0208355_7482145.jpg




ちいさなcafeからをやってた頃から
結婚もし、そこでも新しくおみせやさんを始めた。

いろんな事はあったけど
そして、もちろんこれからも
イロンナことが私を待っているけど

でも、結果は
”私はおみせやさんをやっていること自体がスキ”
ということ。

具合が悪くても、気分が乗らなくても
”自分の職場に自ら行く。”

毎日、毎日、微妙に違っても
同じことの繰り返しだけど、飽きない。

全ては”スキ”という
至極単純な発想から生まれている。

何かを得れば、何かを犠牲にしなければならない。
それでもおみせやさんを続けていきたい。

将来、おばあちゃんになっても^^

世の中の日々のスピードはとても早く
時々、疲れてしまうことだって、ある。

でも、自分なりのペースで
自分の責任においてできるこの職業に就けたことを
私はシアワセに思っている。

たとえどんなコトが起ころうとも・・・
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-17 07:55

【おみせやさんを始めたいあなたへ 17】

f0208355_892640.jpg




まずはお詫びを。
前回、前々回と同じ表題になっていました(汗)
内容は勿論ことなりますので、
どうか気になる方は是非、読んで下さると嬉しいです。

さて。
よく”ここはこだわりのあるお店ですね・・・”
というコトバを耳にする機会がないだろうか?

個人的にはこのコトバはあまり好きではない。

いいイミでおみせやさんは
流動的でいた方がいいと思っているからだ。

お寿司屋さんやラーメンやさんは
そうじゃマズイだろうけど(笑)

cafe、雑貨屋さん、ケーキやさん、パンやさん
などはその時々で「流行りの」ものがある。

流行りのスタイル、
流行りの大きさ、
流行りの焼き色、
流行りの食材・・・

だから常に、極力、偏見を持たずに
いろんなものを見て、触って、興味をもつことを
おススメする。

おみせやさんには常に風が吹いていて
その風も、空気感も新しく、
なんだかお客さまはもとより、
働いている自分たちも清々しい気分で
日々活動していたいから。

かくいう私自身も秋には
パンコーディネーターの資格を取る。
パンの知識だけではなく人脈も広げたいし、
料理研究家としても、もっと腕をあげたいから
あるレシピコンテストのようなものに
レポートも提出している。

おみせやさんにいると
日々、いろんなお客さまがいらっしゃる。

そこで、またワクワクするような話題を持って
ご来店下さる方が多いから
すぐ、アンテナにひっかかってしまうのかもしれないが(笑)
[PR]
by mignon0701 | 2009-07-16 08:25